夜尿症には焦らず対応するのが大切

おねしょも夜尿症もいつかは必ず治る病気だと理解しましょう。

夜尿症を治す。知る。

夜尿症には焦らず対応するのが大切

夜尿症の事を正確に理解するには、先ず、おねしょのことを理解することが大切です。

おねしょは、まさか知らない人はいないと思いますが、寝ている時に気づかずにおしっこをしてしまうことを言います。

その原因は、夜間に作られるおしっこの量と、おしっこを貯める膀胱のサイズがアンバランスなためと言われています。

子供は年齢が大きくなるにつれて膀胱のサイズも大きくなるので、大きくなれば自然とおねしょをしなくなります。

しかし、極稀に、大きくなってもおねしょが治らない子供がいます。

これを一般的に「夜尿症」と言うのです。

その原因は、おねしょ同様に膀胱のサイズの問題の場合もありますが、ホルモンのバランスに問題があるとも言われています。

一般的に、小学校にあがってもおねしょをするような場合、「夜尿症」というふうに診断されることが多いようです。

夜尿症は本人も親御さんも心配なことだとは思いますが、おねしょ同様、必ずいつかは治りますから、変に焦ること無く、気長に対応するのが一番よろしいかと懐います。

変に心配してしまうと、それが逆にストレスになり、親御さんにもお子さんにも悪い影響を与えることになりかねません。

注意が必要です。

http://www.wakando.net/yanyousho/

《 関連サイトのご紹介 》
医療の窓 - 都城市北諸県郡医師会

Copyright (C) pembinagombak.com. All Rights Reserved.

夜尿症を治す。知る。